シリコンとノンシリコンのシャンプーの違い

Pocket

ノンシリコンシャンプーが登場するまでは、シャンプーにシリコンが含有されていることすら知らなかったという人も多いのではないでしょうか。ゴムなどの原料としても使用されるシリコンからできた液体で、鎖状のものと環状のものの2つのタイプがあります。効果に差異はありませんが、環状タイプのものの方が髪の毛に密着しにくいため、残留性が低いとされています。最近では、シリコンが悪者のような扱いをされることがありますが、シリコン自体には毒性などはなく、安心して使用できるものです。シャンプーにシリコンが含まれるのは、潤滑剤として油の膜を形成し、髪の毛をコーティングすることで、指通りをよくするためです。シャンプー自体には、そのような成分は含まれておらず、安価な商品ほどシリコンを使用して使用感を高めていると言えます。

ドラッグストアなどでリーズナブルな価格で購入できるシャンプーのほとんどはシリコンを含有しているものであり、洗浄力の強さで洗い上がりのよさを感じることができるものです。これは、高級アルコール系の界面活性剤が使用されていることによるためで、シリコンシャンプーが髪の毛や地肌に悪い影響を与えると言われている理由でもあります。洗浄力が強いため、髪の毛や地肌に必要な脂もはぎ取ってしまうことから、髪の毛がきしみやすくなるため、シリコンを配合して滑らかにしているのです。しかし、その成分が頭皮をコーティングしてしまうため、毛穴に成分や汚れがつまりやすくなり、炎症などの原因になるというデメリットもあります。